更年期を治す方法

ホットフラッシュの症状と対処方法

投稿日:

更年期障害で起こる症状はさまざまなものがありますが、よく見られるものは「ホットフラッシュ」です。女性の6割が経験するともいわれていて、重症になると日常生活に支障をきたすような辛い症状です。
ではこのホットフラッシュはどのような症状で、どのような対処をすればよいのでしょうか。

ホットフラッシュの症状と原因

ホットフラッシュは閉経前から増え始め、症状は2分から4分程度熱感を自覚したりや発汗が起こり、脈拍も増加します。
また、顔面からほてりがはじまり、頭部や胸部にも広がることがあります。

具体的には突然体がカーっと熱くなったり、顔が紅潮し、涼しいのに汗が止まらず、胸がドキドキしたりします。
このような症状は女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、血管の収縮や拡張をコントロールしていた自律神経が乱れることによって起こります。

また、ホルモンバランス以外にも、暖かい部屋でドライヤーなどを使うことがきっかけで症状が始まることもあります。

ホットフラッシュの対処法

いったんホットフラッシュが起きてしまうと、一刻も早く症状を抑えたいと思うものです。そんなとき、ひとつの対処方法は、首の後ろを冷やすことです。

首の後ろ以外にも、脇の下や膝の裏、太ももの付け根部分などを冷やしても効果があることがあり、このとき熱中症予防のクールタオルなどを活用すると便利です。

また、ホットフラッシュの症状を抑えるには、ツボ押しを試してみてもよいでしょう。代表的なツボとしては、汗を抑える合谷(ごうこく)屋翳(おくえい)、大包(だいほう)、頭に起こるさまざまな症状に効果のある百会(ひゃくえ)、自律神経を整えるのに有効な太衝(たいしょう)、ほてりに効果のある湧泉(ゆうせん)などいくつか覚えておくと便利です。

ホットフラッシュの改善方法

突然起こるホットフラッシュの対処方法を知っておくのはもちろん、根本的に改善することも大切なことです。

中でも有効なのはホルモン補充療法(HRT)という治療を医療機関で受けることです。これは減少した女性ホルモンを補充していく治療法で大変効果が高いものですが、乳がんのリスクを高めるケースもあるので、医師との綿密な計画によって実施することが大切です。

このため、副作用の心配の少ない治療法としては漢方を活用してもよいでしょう。また更年期サプリメントを利用してみるという方法もあります。

ホットフラッシュの症状は本人しかわからないもので周囲には理解できない辛さがあります。更年期はその期間を過ぎれば徐々に改善していきますが、辛い時期にはこのようにさまざまな方法を試し、症状とうまく付き合っていくことも大切です。

-更年期を治す方法

Copyright© 困ったときの更年期サプリの選び方!【オススメサプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.