更年期を治す方法

更年期障害、知っておきたい期間と原因、どんな症状があるの?

投稿日:

そろそろ更年期障害が気になる方に、更年期障害の原因と主な症状をまとめましたのでお伝えします。

そもそも更年期の期間っていつ?

日本人女性は50才頃閉経を迎えます。ですが、個人差がとても大きく、早い人で40代前半、遅い人で50代の後半までずいぶん差があります。閉経前後の5年間を更年期と呼びますので、更年期の期間は個人個人で違うのですね。

この期間に現れる他の病気が関係しない不調をまとめて更年期症状と言い、日常生活に支障があるまでになると更年期障害と呼ばれます。

更年期障害はなぜ起こるのか?原因を知りたい

大きく2つの原因がありますので、分かりやすく解説しますね。

1つは年齢による身体の変化による女性ホルモンの変化です。初潮を迎えてから閉経まで、女性には生理があります。この間、女性ホルモンはずっと働いています。閉経すると卵巣の働きが衰え、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少してしまいます。

するとこれまでエストロゲンが調節していた体の機能がうまく働かなくなります。また、エストロゲンが低下すると、脳から卵巣にもっと女性ホルモンを出すように指令が送られます。
しかし卵巣の機能が衰えると、脳がホルモンを出すように指令を送っても分泌されません。

すると、脳は混乱して通常の何倍もの指令を出してしまいます。このため、自律神経の調節がうまくいかなくなり、多量の発汗、イライラ、めまいなどの症状が出てくるのです。

もう1つはストレスです。更年期は女性にとって大きな環境の変化が起こりやすい時期。夫や大きくなった子供との関係が変化したり、親の介護が始まったり、職場でも責任のある立場になったりと、ストレスを感じることが多くなります。
ストレスで自律神経が乱れると更年期障害の症状が出やすいのです。もともとの性格がまじめで神経質な方は、ストレスを感じやすく、体の不調に過敏で、更年期の症状が出やすいそうです。
ストレスをためないように気をつけたいですね。

これもそれも更年期のせい?症状はこんなに!

更年期障害の症状は、200以上あると言われていますが、大きく3つに分類されます。
・自律神経:のぼせ、汗、寒気、冷え症、動悸、胸痛、息苦しさ、疲れやすい、頭痛、肩こり、めまい
・精神症状:イライラ、怒りっぽくなるなどの情緒不安定、抑うつ
・その他:関節痛、食欲不振、皮膚の乾燥感・かゆみ、尿が近くなる、外陰部の不快感

いろいろな症状がありますが、気になる症状が長く続く場合は、まずは病院に行って相談してみましょう。病気のサインかもしれません。他の病気の症状ではない場合に、更年期障害ということになります。

-更年期を治す方法

Copyright© 困ったときの更年期サプリの選び方!【オススメサプリ2018】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.