女性ホルモンの影響により起こる更年期障害のイライラ!サプリメントによる改善を考えてみる

更年期障害のイライラを抑えるためには

些細なことにイライラしてしまうと辛いですよね。
身の回りの人や家族にもきつく当たってしまって自分でも気持ちの整理が追い付かない。
人によっては更年期のイライラが原因で夫と離婚なんて事になっている人も。

更年期障害によるイライラは、家族や友人知人はもちろん当人自身も戸惑ってしまう厄介な症状です。

更年期のイライラは気持ちの問題で片付けられがちですが、ホルモンバランスの変化で起こるのがポイントです。

厄介な状態だからと放置していては症状は悪化するのみなので、更年期障害のイライラを抑える方法を把握することで普段から対策してみてください。

女性ホルモンの減少が更年期のイライラを招く!エストロゲンの減少でストレスに影響されやすい状況に

こうしたイライラにはきちんとした理由があり、主に女性ホルモンの減少が影響しているとされます。

その名もエストロゲン。

このエストロゲンは加齢により不足しがちになり、それが更年期障害を招いてしまうんですね。

女性ホルモンの減少で脳がイライラしやすい状態になってしまう

更年期のイライラはホルモンの減少と自律神経の乱れ

女性ホルモンの分泌量が減ると脳はもっと女性ホルモンを出せと命令します。

しかし閉経の準備に入った子宮は女性ホルモンの量自体を減らしてしまい、指令が送られても反応しないことが増えてしまいます。

ホルモンを出そうとする脳の指令が空回りして悪影響を及ぼすほか、女性ホルモンの働きと密接に結びついた自律神経の乱れが生じやすくなるのがイライラの原因です。

脳がイライラしやすい状態になっているため、気の持ちようではなく生活習慣の見直しや女性ホルモンの補助などで調子を補うのが対策になるのです。

ストレス源を避けて無理をしないのも一つの方法になる

更年期は体のバランスが急激に変わるタイミングになるため、無理をしないようにするのも一つの方法です。
体調や気分が安定しないうちに無理をしても余計にイライラが募ってしまう場合もあるからです。

仕事や休日の習慣を見直してみるのも方法で、よりストレスがかかりにくく、安定しやすい趣味などを探していくのも大切です。

若い頃から習慣化しているものはなかなか見直せずに続けてしまうことがあります。
体力的な衰えなども出やすくなる年齢であることも含め、生活リズムなどをより健康重視に整えるのが最初の対策になるのです。

食事のバランス調整や睡眠時間のチェックも大切になる。魚や大豆製品が女性ホルモンの減少を補う

食事から女性ホルモンの減少を抑える
更年期に入った場合は食事のバランスの見直しや、睡眠時間のチェックも大切になります。
肉や野菜をバランスよく食べることは大切で、可能であれば良質なたんぱくしつをとる工夫を加えるのがおすすめです。

魚や大豆製品からたんぱく質を摂取すると女性ホルモンの減少を補いやすくなります。

また更年期は不眠になる人が珍しくなく、しっかり眠れていないことがイライラの原因につながりやすいのです。

食事はたんぱく質の摂取を意識しつつバランス重視に

更年期にオススメな食事

・肉類(脂質が気になるならササミなどの鶏肉)
・大豆製品(イソフラボンが豊富)
・魚類(脂質を抑えてたんぱく質を摂取)

更年期は女性ホルモンが不足しがちですが、不足しがちなホルモンを補うためにはたんぱく質の摂取が重要になります。

たんぱく質は肉などから摂取できますが、肉に偏ると脂質が気になることが多くなります。
ササミなどの脂質が少ない肉を食べるだけでなく、魚や植物性たんぱく質が豊富な大豆製品を食べるとバランスを補いやすくなります。

特に大豆には女性ホルモン似た役割を果たすイソフラボンが豊富に含まれているため、更年期のイライラが気になる場合に積極的に摂取したい食品になっています。

睡眠時間がしっかりとれているかもチェックする!寝れないならお風呂で体を温める、ストレッチで体をほぐすのが効果的

体を温めたり、睡眠をしっかりとるのもイライラを抑える
睡眠時間のチェックも重要で、更年期の症状として不眠になってしまう人もいます。

睡眠自体が浅くなりホルモンの分泌がさらに少なくなると言った悪循環に陥る人もいるため、睡眠時間が足りていない場合は注意が必要です。

睡眠時間を確保しても眠りが浅くて翌日に疲れが残るようであれば、寝る前にお風呂にゆっくり使って体を温める、ストレッチで体をほぐすなどの工夫を加えるのがおすすめです。

お気に入りのアロマを使って心身ともにリラックスできる状態を作れば、睡眠が安定することもあるのです。
足先が冷えて眠れない場合は部屋を温めるなど、少しでも睡眠時のストレスを減らすのがおすすめです。

女性ホルモンのバランスの変化は体と脳に大きな影響を与えるため、気の持ち様では解消できず、余計にイライラしてしまうという悪循環に陥りがちなのです。

またこの年代になると新しいストレスの原因が生まれがち。

子供に関すること、自分自身の将来のことなど、ストレスが影響しやすい状況がエストロゲンの減少をアシストしてしまうんです。

そんなイライラを抑える方法としてエクオールの摂取による対策は効果的です。
エクオールとは、エストロゲンとほぼ同じような働きをする成分であり人によって自分で作れる作れないと差が出やすい成分でもあります。

更年期サプリでゆらぎを押さえる成分やエクオールなどを外部から補給して症状を緩和。食事や睡眠の改善で足りない場合に効果的

更年期サプリで外部から補給する
更年期の症状はイライラだけですまないこともあり、頭痛や関節痛と言った症状を伴うこともあります。

食事や睡眠の改善で足りない部分をサプリメントなどで補うのは合理的で、更年期サプリや睡眠サプリを利用して改善を目指す人も多いのです。

サプリでも不安な人は婦人科で診察を受けるのも方法で、ホルモンを補うことで症状が改善するケースもあります。

サプリメントで賢く栄養を補うのも方法

食事の改善で更年期対策をしようとしても、栄養バランスを整えた食事を毎日用意するのがストレスになる場合もあります。

食事にかかるストレスが大きすぎる場合や、用意ができても不足を感じる場合にサプリメントで補うのは良い方法です。
不足しがちな栄養を補うだけでなく、更年期にありがちな症状のサポートに照準を合わせたサプリメントも市販されています。

大豆イソフラボンがたくさん入ったサプリメントや、代謝の補助や睡眠の補助を行うサプリメントなど好みで選ぶことができます。
サプリメントで補う前提を立てれば、食事管理のストレスが軽減され、イライラ感も減る場合があるのです。
食事にも神経を使いすぎてしまう場合は利用してみるのも方法です。

忙しい人向けの食事の定期配送サービスなども普及しつつあるので、栄養バランスを見ながらセットで活用する人もいます。

病院で更年期障害を治療。HRT(ホルモン補充療法)について医師との相談も出来る!

更年期の症状に悩む女性は多く、医療面でもさまざまな治療法が存在します。
ただし、更年期は個人差が大きいため誰にでも効く治療がないのも特徴です。

それでも診察と治療でイライラが静まる人もいるため、一度婦人科で診察してもらうのも方法になります。
更年期の治療の代表的なものがHRT(ホルモン補充療法)です。

HRT製剤の種類と特徴

出典:HRT製剤の種類と特徴『NPO法人 女性の健康とメノポーズ協会』http://www.meno-sg.net/?page_id=474

HRTの使い方

出典:HRTの使い方『NPO法人 女性の健康とメノポーズ協会』http://www.meno-sg.net/?page_id=474

体の中で不足しがちな女性ホルモンを補充することで治療を目指します。
他にも錠剤で補う方法や漢方などを用いた治療も存在します。

不眠症の薬や精神を安定させる薬を使うのも珍しくないため、心理面の不安が強い場合は心療内科などで相談してみるのも方法です。

症状はそれぞれだからこそ向き合うことが大切。生活習慣やサプリメントの利用で更年期のイライラを乗り越える。

更年期のイライラは辛く、人には伝えにくいものです。

しかし、更年期の症状は人それぞれで、イライラしにくい人もいて同性にも伝わりにくいケースがあるほどです。

個人差が多いからこそ自分の症状と向き合って辛くならないように工夫することは大切で、生活習慣の見直しやサプリの利用などで症状を和らげることも視野に入ります。

辛い場合は早めに病院にいくのも一つの方法で、無理をしないことも重要なのです。

エクオールを補えるオススメサプリの一覧