病院における更年期障害の治療法

病院における更年期障害の治療法

更年期障害の対策のために、いろいろな治療方法があります。
その中でも、病院での治療方法をいくつか紹介します。

病院での更年期障害の治療

今の西洋医学では、更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れだと考えられています。
そのため、病院では更年期障害の治療としてホルモンの補充治療を行っています。

また東陽医学では血液の循環の衰えが原因だと考えられています。
病院によっては、漢方薬治療を行っているところもあります。

速攻性・効果を期待するなら、ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法は減少したエストロゲンを補充する療法です。
癌の発生リスクを抑えるために、プロゲステロンも一緒に投与します。

子宮の摘出手術をしている場合は、エストロゲンの投与のみも可能です。
更年期障害の治療の場合、保険適用があるので、1か月で3000円~5000円です。

速攻性もあり、効果も高いですがリスクもあります。

いろいろな症状にも効果があるのは漢方薬

いろいろな症状にも効果があるのは漢方薬
漢方薬を服用し、血のめぐりがよくなる栄養素を補います。
血行を良くすることで体温の調節をスムーズにし、更年期障害を緩やかにしようという治療方法です。

加味逍遙散(かみしょうようさん)
のぼせ感があり、肩こり、疲労感、精神不安やイライラのある方の更年期障害、不眠症など
血が滞っている状態を緩和します。

温経湯(うんけいとう)
手足がほてり、唇がかわく方の更年期障害、不眠など。
血の不足を補います。
皮膚の乾燥や肌あれにも効果があります。

五積散(ごしゃくさん)
やや体力のない方、冷えがある方の更年期障害、慢性的な胃腸痛、頭痛など

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
肩こり、頭痛、めまい、のぼせるが下半身に冷えなどのある方の更年期障害。

治療にあたって

更年期障害の治療も、漢方薬の治療も、人によって適合する・しないがあります。
治療することによってのリスクもあります。

ホルモン補充療法と副作用

ホルモン補充療法は、癌のリスクがあり、定期的に乳癌の検査をうけます。
最初は軽い吐き気や、お腹の張などの副作用があります。

排卵はありませんが生理のような不正出血もあります。
また治療の途中で辞めると再発するので長期に渡る治療が必要です。

漢方薬と乳酸菌

漢方薬は乳酸菌の栄養となり、様々な効果を生み出しています。
したがって乳酸菌の存在が効果の有無を決めると言われています。

そのため漢方薬は、食前30分前か食間に飲まなければならないのです。

更年期障害の治療を終えて

更年期障害も、歳を取るうちに、いつしか症状が和らいでいきます。
その頃にはもう高齢ですが、辛い日々はいつか過ぎ去ります。

本当は、あまりくよくよしないで呑気に過ごすのが一番の薬です。